脱毛するなら間違いなく腕!

私が脱毛をするとしたら絶対に腕の毛です。

髭や胸毛も、もちろん濃いのですが、腕の毛が一般男性より濃く、中学生の頃にはもうおっさん状態で同級生にもネタにされる始末・・・。
父親もとても毛深いので遺伝だと思いますが、両親は男らしいからいいではないか!と言われました。

しかし、本人としてはそんなポジティブに考えることはできず、いろいろと悩みました。

スーパーに買い物に行けばレジの子が自分の腕毛を見ているような気がして不安になったり、銭湯へ行っても僕はタオルで股間を隠さずなるべく両腕が隠れるようにしていました。
思春期には半そでシャツはなるべく着ないようにして、女の子と遊ぶときにはいくら暑くても長袖をきるようにしてました。

好きな子にプールや海に誘われても、腕の毛深さが恥ずかしく、嫌われるのではないかと心配で結局断り続けてしまいました。
一番ショックだったのが授業中にコバエが飛んできて僕の腕の毛の中でからまりブブブブと出れなくなったことです。
これを隣の席の女子に見られクラス中に広められ、馬鹿にされました。

この一件以来、このままでは駄目だと思い、雑誌や本で脱毛の方法を調べました。
急にツルツルになるのも絶対に馬鹿にされるので、一本一本日にちをおいて抜いたりしていました。
結局抜いたところで生えてきますし、一本一本が太くて濃いのでさほど効果はありませんでした。

中学、高校、大学と進み周りの男子もだんだんと成長するにしたがって体毛も増えてきましたがやはり私の毛深さは異常だと思います。
このまま腕毛にコンプレックスを持って人生を送るのはとても悲しい気持ちになります。

学生の頃、アルバイトをしようと思い、なぜだか僕は、居酒屋とかバーとかで働きたくて、居酒屋は面接で落ちてしまい、その時、腕の毛のせいなのか!!とか思っちゃいましたね。
バーの方は合格しました。(バーアルバイトを探すならコチラ→http://xn--ccke2i3ab5nre.jp/

バーは、長袖のシャツを着て働いていたので、腕の毛が見えることがなかったので気にすることなく自然に働くことができていました。

子供ができて、腕毛のことで子供が同級生にいじめられないだろうか・・・将来の展望も暗くなる原因が腕毛です。

社会人になり、お金にも余裕ができ、昔いじめられた同級生とは会わない他県に就職しましたので
もし、脱毛する機会があれば是非腕の脱毛をしたいと思います。