毎年5月頃生活費が不足して困っています

我が家では毎年5月~6月にかけて、通常の冠婚葬祭費に加え、車の自動車税や任意保険の更新、さらには自宅の固定資産税などの請求が重なるため、家計のやりくりに非常に苦労しています。
特に夫は会社員のため3月~4月にかけて、付き合いもあり職場の歓送迎会や退職者をねぎらう会などに多く出席せざるを得ないため、結構な金額がかかってしまつています。
そうした状況のあと訪れるさまざまな請求なので、とても我が家には負担となっています。

また、子どもが親元を離れ専門学校に通っているので、毎月の仕送りはもちろん、後期分の授業の請求が遠からずあるためその教育費も確保しておく必要がありますので、一層家計への負担が増すこととなります。
とりあえずの対策としては、昨年あたりから夫婦で意思統一し、この時期のため財布に500玉あれば出来るだけ貯金箱に入れることを実践しています。また、夫の給料から毎月一定額を貯金にあてて貯蓄にも努めていますが、とてもそれだけではこの時期の多額の費用を補うことが出来ていないのが現状です。

幸いにして、夫の会社は6月と12月にボーナスの支給(各給料の2か月分程度)がありますので、本当はいけないことかもしれませんが本来5月末までの自動車税の支払いを6月にボーナスが出てから支払うようにしています。6月くらいまでに支払うのではあれば延滞金とかのペナルティが発生しないのでやむを得ないことと割り切っています。
また、自動車の任意保険は一括払いが理想ですが、困難なので若干割高になるのは承知で12月の均等払いを選択し支払いの平準化を図っています。
まやた、少しだけ生活費が足りない時にはキャッシングをつかっちゃいます。5月末ごろに借りて、自動車税と同じくボーナスが出たら返します。家族にバレない専業主婦でも安心なローンは私の強い味方です。

本来は、子どもの学費のため教育ローンを利用することも考えましたか、住宅ローンを抱えていること、さらに子どもがあと一年で専門学校を卒業ということもあり、学資ローンの残債が老後生活の負担になることを憂慮して、今のところなんとか資金を借りずに頑張っています。

今は、出来るだけ外食を控えることや緊急でない家電品や日用品の購入は先送りすること、旅行やドライブは出来るだけ我慢すること、そして、ガソリンは特売日に給油することなど、様々な節約を家族全員で徹底することで、この時期を乗り切ることとしています。

妹に結婚式に顔を出せない

ずっと以前の話になりますが、ロト6にはまっていてお金がなくて、非常に苦しい経験をしたことがあります。

ロト6を買い始めたころは、運よく当たればいいなくらいの軽い気持ちだったと思います。1回の抽選で1000円分を購入していました。そうそう高額当選するようなものでもないのですが、買えば買うほど次こそは当たるんじゃないかと期待が膨らんでしまいます。

次第に一度の購入額が増えてくると、生活費を逼迫してくるようになりました。ギャンブルの怖いところは、「今は苦しくても、当選すれば取り戻せる」と本気で思い込んでしまうところではないかと思います。それまでも特に貯金をしているわけでもなく、お金に余裕があるわけでもなかったので、給料日前はお財布がすっからかんになるようになりました。次第に生活費や家賃などに窮するようになって、親に助けてを求めたことがありました。
転機は妹の結婚で、地元に帰ったときです。あまり冠婚葬祭とは縁のない生活を送ってきたので、毎日毎月こんな状態の自分では、披露宴の晴れ舞台に衣装を用意することもできません。また、大切な家族のお祝いなので、兄としてご祝儀も用意したいとは思いましたが、それもままならない状態でした。この時に初めて、自分のだらしなさに気付いて、猛烈に反省しました。

妹の結婚式には、消費者金融で30万円ほど借り入れて、自分の衣装とご祝儀を用意して参加しました。もしきちんと貯金から出せていれば、こんなに後ろめたい気持ちになることもないのかな、となお一層恥ずかしくなったことを覚えています。
それ以降は、ロト6は辞めてしまいました。ロト6さえ買わなければ月々の借入の返済は大した負担ではなく、半年で完済することができました。あのとき、消費者金融にまで借入を作っていて、一円も借り入れることが出来なかったら、と振り返ると、再生の機会を与えてくれた妹と、チャンスをくれた消費者金融に感謝したいです。

脱毛するなら間違いなく腕!

私が脱毛をするとしたら絶対に腕の毛です。

髭や胸毛も、もちろん濃いのですが、腕の毛が一般男性より濃く、中学生の頃にはもうおっさん状態で同級生にもネタにされる始末・・・。
父親もとても毛深いので遺伝だと思いますが、両親は男らしいからいいではないか!と言われました。

しかし、本人としてはそんなポジティブに考えることはできず、いろいろと悩みました。

スーパーに買い物に行けばレジの子が自分の腕毛を見ているような気がして不安になったり、銭湯へ行っても僕はタオルで股間を隠さずなるべく両腕が隠れるようにしていました。
思春期には半そでシャツはなるべく着ないようにして、女の子と遊ぶときにはいくら暑くても長袖をきるようにしてました。

好きな子にプールや海に誘われても、腕の毛深さが恥ずかしく、嫌われるのではないかと心配で結局断り続けてしまいました。
一番ショックだったのが授業中にコバエが飛んできて僕の腕の毛の中でからまりブブブブと出れなくなったことです。
これを隣の席の女子に見られクラス中に広められ、馬鹿にされました。

この一件以来、このままでは駄目だと思い、雑誌や本で脱毛の方法を調べました。
急にツルツルになるのも絶対に馬鹿にされるので、一本一本日にちをおいて抜いたりしていました。
結局抜いたところで生えてきますし、一本一本が太くて濃いのでさほど効果はありませんでした。

中学、高校、大学と進み周りの男子もだんだんと成長するにしたがって体毛も増えてきましたがやはり私の毛深さは異常だと思います。
このまま腕毛にコンプレックスを持って人生を送るのはとても悲しい気持ちになります。

学生の頃、アルバイトをしようと思い、なぜだか僕は、居酒屋とかバーとかで働きたくて、居酒屋は面接で落ちてしまい、その時、腕の毛のせいなのか!!とか思っちゃいましたね。
バーの方は合格しました。(バーアルバイトを探すならコチラ→http://xn--ccke2i3ab5nre.jp/

バーは、長袖のシャツを着て働いていたので、腕の毛が見えることがなかったので気にすることなく自然に働くことができていました。

子供ができて、腕毛のことで子供が同級生にいじめられないだろうか・・・将来の展望も暗くなる原因が腕毛です。

社会人になり、お金にも余裕ができ、昔いじめられた同級生とは会わない他県に就職しましたので
もし、脱毛する機会があれば是非腕の脱毛をしたいと思います。

専業主婦、お金の悩み

専業主婦で子供が3人います。悩みはやはりお金のことが大きいです。

「自分の稼ぎではない」、「食べさせてもらっている」という思いが常に頭にあります。夫は恩着せがましいことを言ってくるような人ではないのにです。自分の欲しいものはへそくりでもなんでもしてこっそり購入すればいいので(物欲はそんなにないので、高いものはもともと欲しくありません)。そこのストレスはないのですが、家のもので、こういうのがあったらいいな、と思うものを夫に提案しても、たいてい却下される、というのが不満です。
それは食洗機だったりとか浄水器などの高価な家電製品や、子供の知育によいと思われるもので比較的高価なものです。私は自分が楽したいとかでなく、家族のために良いと思うので提案しているのですが、夫はもともと財布のひもが固いので必要ないと言います。夫に必要ないと言われれば、そこからはもう食い下がれない自分がいます。

私は自分にお金があったらそういう生活を潤すグッズにも投資をしたいのですが。とにかく「自分は生活費を稼いでいない」という事実が、私と夫の間に上下関係を生んでいるような気がしてしまうのです。というかそれは私だけでなく夫もそう思っています。

夫はたまに買い物でストレスを発散させることがあって、ろくでもないおもちゃを子供に買い与えたりしますので、そういうときに、「あのときは反対したくせに。このすぐに壊れるごみのようなおもちゃを3回買わなかったら、そのお金で私が提案したあれが買えた」などと思って、怒りを感じますが、それを言葉に出しても夫の怒りを買うだけなので言いません。

とにかく自分が稼いでいないということがこんなにストレスだとは思いませんでした。はやく社会復帰したいと思っています。
専業主婦になるまでは看護師としてバリバリ働いていたので、また同じ看護師として復帰できたらいいなって思っています。※ナースバンク広島※看護師の転職を成功させるために必要な事。

子供の習い事による出費

私には3人娘がいます。長女は小学校低学年なのですが、最近ピアノを習い始めたいと本人が言うようになりました。

どうやら周りの友達がピアノを習っているそうで、長女もそれに憧れて習ってみたいとのことです。

私自身小さい頃習い事の一環でヤマハのピアノ教室に通っていました。正直真剣に通ってはいなかったのですが、大人になってみると月謝を払って習わせてくれた両親に感謝したい思いになります。

今考えてみるとピアノのおけいこごとは毎月お金を支払わなければなりませんし、結構な出費になり得ます。

それを考えると習わせなくて良いなどという思いも生まれましたが、やはり本人がやってみたいとのことでピアノのレッスンに通わせることにしました。

私の娘はこれ以外の習い事はしていませんが、他のお子さんで複数の習い事を掛け持ちしている子もいて凄いな、そしてお金もかかるだろうなとつい感じてしまいますね。

月謝だけではなく交通費も掛かりますし、何か発表会や試合などがあればそこでまた遠征費などもかさみ、結構お金は飛んでいきますね。

子供のために色々なことを体験させてやりたいという思いはあるものの、どうしても問題になってくるのが金銭面です。

実際、ピアノ以外にも英会話やスイミングなど他の習い事をさせたいという気持ちもあります。しかし、やはり月謝の事を考えると厳しいのが現実です。

今のピアノの月謝だけでも痛い支出ですからね。

もし他の習い事までさせてしまったら、とてもじゃないですが生活できません(*_*)お金が無くなり、借りないと生活できなくなってしまいます。。。

さすがに習い事をさしたことによって、お金を借りる(http://xn--t8j0gd0a1809a5mck0zus8h.com/)ようになる…なんて嫌ですからね。

何とか家計をやりくりしながらすることで今は済んでいますが、次女、三女も何かおけいこごとをしたいと言ってきた時は今よりも金銭面が大変になるだろうなと予想しています。

子供のために何かしてやりたいという親心と家計を両てんびんにかけながら、上手くやっていかねばならないのが難しいところですね。

専業主婦でもOKです。

主婦の方で、お金を借りたい、って方がひじょうに多くいます。

でも、主婦に方ってお金を借りれるの?って疑問ですよね。

答え的に、借りる事は可能です。パートやバイトなどで収入がある方は問題なく借りる事が出来ますし、専業主婦の方でも銀行からなら借りる事が出来ますよ。

旦那さんに内緒で借りる事も可能です。でも借りすぎて、後々旦那さんに見つかってしまい喧嘩にならないように、ほどほどに借りるようにしましょうね。